banner

最近の投稿

激安で会社設立

激安で会社設立をする方法って?


何らかの分野で研鑽を積んできた人にとって、会社設立を行うということは大きな目標の一つとなります。

誰かに従うのではなく、自分の思い描く経営方針に基づき、自分が選んだサービスや商品を売っていくということは人生において非常に面白いこととなってくれることでしょう。

しかしながら会社設立を完了させるまでには様々なところで費用がかかってきます。

必要な書類を作成するまでの参考書や手続きにかかる費用など、そこにかかる諸費用は様々です。そうした諸費用を抑えて激安で会社設立を行うには、どのような方法が効果的になるのでしょうか。

これに関して最も効果的といえる方法となるのが「設立代行を行っている企業に依頼する」ということです。

一見すると自分の手で会社設立を完了させるよりもお金がかかってくるようにも思えますが、実際には様々なポイントにおいて、設立を代行している会社に依頼することが「お得」になるのです。

最も大きく差が出てくるのが「定款」と呼ばれるものです。

会社設立を完了させるまでには必ず定款と呼ばれるものを作成する必要があります。

この定款を提出するというような場合には収入印紙というものが必要になるのですが、これは1通あたり4万円という非常に高額なお金がかかってきます。ここで「電子定款」と呼ばれる形式を利用すると、その収入印紙を使用する必要がなくなるために4万円を支払う必要がなくなるのです。
とはいえ電子定款はパソコンがあれば出来るというわけではありません。

PDFと呼ばれる書式を作成するためのソフトを用意し、ICカードリーダーも用意する必要があります。
さらに作成したあとには電子署名プラグインソフトと呼ばれるもので電子定款に署名を行うというように、必要となる作業は様々です。
こうした機材をそろえていくと3万円以上のコストがかかってきますから、自分で電子定款の用意をすると、無駄なコストがかかることとなってしまうのです。
ですが会社設立を代行している企業にはこういった機材をそろえている場所も多く存在していますから、そうした場所に依頼をすれば、自身で作業する時間的コストや機材を集めるイニシャルコストなども必要ないということになるのです。
加えて会社設立代行会社のなかには、会社設立完了後のコンサルタント事業もサポートしてくれるというような会社もあります。
そうしたコンサルタント事業を新たに契約すると非常に高額な費用を支払う必要が出てきますが、会社設立手続きを依頼したというような場合には格安で引き受けてもらうことが出来たり、一定期間内は無料でコンサルタント事業を利用できるというようなサービスが行われているケースもあります。
一見すると割高に見える会社設立代行サービスですが、長い目で見ればまさに「激安」といえるものになってくれるのです。

会社設立の代行手数料

会社設立の代行手数料が0円です


大学を卒業して就職をし、数年もたつと仕事に慣れてきます。早い人では、20代にして役職を与えられ、部下を持つことも珍しくありません。部下を持ち、部署の責任を持ち、さらなる飛躍をと考えたときに、ふと頭をよぎるものがあります。

会社設立、という二文字です。同僚に差をつけて出世を果たしたということは、相応の実力と、努力と、人望と、そしてマネジメント能力を買われてのことでしょう。

能力のある人ならば、すでに自覚しているでしょうが、この段階で会社設立して、大きな失敗をすることはないでしょう。少なくとも、今担当している部署のレベルの会社は作ることができます。できるからこそ、その部署の責任を預けられているのです。

ならば、会社設立しても良いではありませんか。20代などまだまだ若い、と人は言うでしょう。しかし、一代で築き上げられた大企業は現在でもたくさんあり、そのほとんどはオーナーが20代のときに会社設立したものです。あなたが成功しないなどとは、誰も言うことができません。

さて、もし起会設立するとして、まず問題になってくるのは、資金面です。いくら仕事の実力があるからといって、お金がなければ会社経営は失敗します。なぜなら、設立してから数年は営業が軌道に乗らないからです。

つまり、収益と支出では、支出のほうが上回ってしまう時期があるのは、避けられないのです。だからこそ、この数年をしのぐ資金が必要なのです。誰かの助けを借りるのが必要でしょう。

資金面はなんとかなったと仮定します。次に問題なのは、会社設立に関する具体的な手続きです。本を読めば自分で設立することはできます。しかし、それは理屈の上では、ということです。

実際に自分で設立手続きをした人の多くは、専門家に頼むべきだったと後悔していると言います。よって、司法書士、税理士、行政書士など、会社設立代行を専門に行っている事務所と契約するべきでしょう。そのほうが、設立後も様々なフォローが受けられるので、経営もスムーズに進みます。

ところで、会社設立の代行を依頼した場合、どれだけの手数料が請求されるのでしょうか。もちろん事務所によって異なりますが、最近では0円といった事務所も多くあります。もちろん、手数料が0円というだけであり、その他の設立にかかわる実費は負担しなければなりません。

手数料0円の事務所を選択する場合には、その事務所が会社設立後にどのようなフォローをしてくれるかを確認します。手数料0円というのは、大抵の場合、設立後の顧問契約が前提となるからです。顧問としてどのような実績があるのか、会社が大きくなってもその顧問で大丈夫なのか、きちんと確認してから契約を結びましょう。

Copyright(c)2017 会社設立をしっかりするための準備と意識 All Rights Reserved.